地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、福岡市中央区・博多区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

福岡市中央区・博多区の地域情報サイト「まいぷれ」福岡市中央区・博多区

博多どんたく港まつり特集

福岡市民のお祭り「博多どんたく港まつり」の魅力


博多どんたくとは?

毎年5月3日から4日に行われる博多のお祭りです。

 

夏に行われる「博多山笠」、秋に行われる「筥崎宮放生会」と並ぶ博多の三大祭りと言われています。


GW期間中ということもあり200万人以上の動員数は日本のお祭りでも最大級。
パレードやステージイベントなどが行われ、申込期間に手続きを行えば誰でも「どんたく隊」として参加することも可能です。
毎年沢山の団体やグループが参加し博多の町を盛り上げています!

博多どんたくの「どんたく」はオランダ語だった?

オランダ語のZondag(ゾンターク)「休日」を意味する言葉が語源とされています。
呼び名が変わったのは明治時代。


半日の休みを意味する「半ドン」も同じZondag(ゾンターク)を由来としているんですよ。

博多どんたくの歴史

どんたくの歴史は古く、筑前国続風土記に記されている年賀行事、「博多松囃子(はかたまつばやし)」がその起源とされています。


筑前国続風土記によると、「博多松囃子(はかたまつばやし)」は治承3年(1179年)に始まったと記されているので、なんと平安時代まで遡ることになりますね。
800年以上の時を超えて行われ続けている伝統行事なのです。
 
明治時代に入ると、「博多松囃子(はかたまつばやし)」は「山笠」と共に禁止されますがその後「どんたく」に名前を変えて復活、戦時による中断を経験し終戦後に復活しました。
昭和37年に「福岡市民のまつり」となり、名前も「博多どんたく港まつり」となりました。
それ以降、途切れることなく年々バージョンアップしながら今日まで続いています。

なぜしゃもじ?

博多どんたくでは多くの方がしゃもじを楽器のように打ち鳴らして踊っています。
なぜしゃもじ?と疑問に思ったことはないですか?


しゃもじを打ち鳴らすようになったのは、昔、商家の前を通りかかったどんたく隊の賑やかなお囃子に誘われて、夕食の支度をしていた商家のごりょんさん(奥さん)が、手に持っていたしゃもじを叩いてどんたく隊に参加したことが始まりとされています。

 

食事の用意中にそのまま飛び出してお祭りに参加するなんて、博多もんのお祭り好きをよく表しているお話ですね。

博多どんたくのみどころ

どんたくパレード

毎年沢山の「どんたく隊」がどんたく広場、明治通りの「呉服町」から「天神」の間、約1.2キロを踊りながら練り歩きます。

様々な衣装とパフォーマンスで盛り上げてくれます!

 

マーチングパレードの演奏も見どころのひとつ。

素晴らしい演奏とパフォーマンスもお見逃しなく。


にしてつ花自動車

様々なテーマで飾られた花自動車。

その基となったのは天神の町を走っていた路面電車に装飾した「花電車」です。

時代と共に自動車に姿を変えましたが、天神の町を華やかにしてくれることは変わりません。

おすすめはやっぱり夜。

1,200個のLED電球が博多の町を美しく照らします。


演舞台

どんたくの期間中、至る所に設置される演舞台。

歌やダンスなど、「どんたく隊」演技をじっくりと観覧することが出来るので、パレードとはまた違った楽しみ方が出来るでしょう。

 

演舞台の場所やプログラムは公式サイトでチェックしてね。


総踊り

どんたく2日目の夕方からはいよいよフィナーレ、飛び入り参加大歓迎の「総踊り」。

曲は博多どんたくのテーマソング「ぼんち可愛いや」。

博多もんも観光客も総出で踊り、最高潮に盛り上がり博多の町を暑くします!

 総踊りは「しゃもじ」を持って踊ります。

しゃもじは無料配布されるので、GETして皆で踊っちゃおう!

 

2017年 博多どんたくの日程

写真提供:福岡市民の祭り振興会