地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、福岡の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

福岡の地域情報サイト「まいぷれ」

夏休みにおすすめ! 九州おでかけガイド

【佐賀夏休みお土産】おすすめ特集!

佐賀に行ったら買って帰りたいお土産! 佐賀のおみやげ選び決定版!

佐賀のお土産
佐賀に行ったら買って帰りたいお土産! これで差がつくお土産! 絶対おいしいおもたせスイーツ! 帰省にもおすすめの銘菓! 定番の特産品! 人気の工芸品! 喜ばれる地酒! 地元の編集スタッフがおすすめする、 おみやげ選びの決定版! 「迷ったらコレを買えば間違いない!」  ハズレなし!

佐賀の銘菓 【お菓子・スイーツ】

和と洋が織りなす味のハーモニーをお楽しみください。 <br>
和と洋が織りなす味のハーモニーをお楽しみください。
九州銘菓 さが錦 価格:756円(税込)
全日本隠れたお土産お菓子-1GPで紹介されました!佐賀を代表する銘菓です
【店名】 村岡屋 本店
【住所】 佐賀県佐賀市駅南本町3−18
【電話】 0952-22-4141

 

ちょうどいい柔らかさに仕上げられた生地を、ひとつひとつ焼きあげられた丸芳露
ちょうどいい柔らかさに仕上げられた生地を、ひとつひとつ焼きあげられた丸芳露
丸芳露 (26個/箱入)  2,160円
約450年前、南蛮船で渡来したポルトガル人より伝えられた焼き菓子とつたえられています。
【店名】 北島の丸芳露 白山本店
【住所】 佐賀県佐賀市白山2-2-5
【電話】 0952-26-4161  

佐賀の特産品 【くだもの】

甘酸のバランスの良い味は誰にでも<br>愛されるみかんです。
甘酸のバランスの良い味は誰にでも
愛されるみかんです。
佐賀唐津産 ハウスみかん
(7月下旬~8月下旬)
高度な温室技術を持つ佐賀県唐津地区が日本一の生産量、出荷量を誇ります。
【店名】 フルーツガーデン新SUN
【住所】 佐賀県佐賀市若宮1丁目3−21
【電話】 0952-36-6650  

シャリシャリとして甘い果肉
シャリシャリとして甘い果肉
伊万里梨 幸水 (こうすい)
豊かな果汁とシャキッとした食味が特徴
お届け期間:7月上旬~8月上旬
【店名】JA伊万里大川梨選果場
【住所】 伊万里市大川町大川野字狩立
【電話】 0955-29-2595 

佐賀の特産品 【食品】

麺類などの食材や調味料
麺類などの食材や調味料
 旨唐佐賀牛(ビン入り) 1,080円(税込)
「旨唐佐賀牛」は昨年、東京で開催されたアンテナショップフェスティバル2013優勝
【店名】 肥前旨唐本舗 コガヤ
【住所】 佐賀県佐賀市西田代2-5-12
【電話】 0952-28-7022   .

佐賀の特産品 【お酒・ドリンク】

おいしいよ
おいしいよ
本格麦焼酎「のんのこ」 1500円
佐賀の自然と風土がつくった佐賀のブランド。
【店名】 宗政酒造
【住所】 佐賀県有田町
【電話】 0955-41-0025

佐賀の特産品 【工芸品・民芸品】

400年の伝統を守る
400年の伝統を守る
柿右衛門窯(陶器・漆器・磁器)
佐賀県西松浦郡有田町南山丁352
有田焼において赤絵磁器を完成させた先駆者。乳白色の濁手と呼ばれる素地に余白を多く残して赤絵をほどこした「柿右衛門様式」は、現在十五代柿右衛門が継承している。
一子相伝の秘法を継承する
一子相伝の秘法を継承する
今右衛門窯(陶器・漆器・磁器)
佐賀県西松浦郡有田町赤絵町2丁目1-15
江戸時代、鍋島藩の御用赤絵師として、一子相伝の赤絵の技法を今に伝えている。色鍋島の技術は国の重要無形文化財に指定されている。
窯元を事前にリサーチ
窯元を事前にリサーチ
伊万里鍋島焼会館(陶器・漆器・磁器) 
佐賀県伊万里市大川内町乙1806
伊万里焼の窯元が共同で焼物を展示即売している。展示場前には、小さな水車と陶板の大川内山の案内図がある。喫茶コーナーを併設している。
掘り出し物が見つかることも
掘り出し物が見つかることも
ノリタケファクトリーアウトレット伊万里(陶器・漆器・磁器) 
佐賀県伊万里市東山代町長浜120-3
ノリタケ伊万里工場内にある直営ショップ。規格外の商品もあり、掘り出し物が見つかることも。絵付け体験コーナーでは、ノリタケボーンチャイナに自分だけのデザインを描くことができる。
23の焼物の店が集う<br><br>
23の焼物の店が集う

有田陶磁の里プラザ 有田焼卸団地(陶器・漆器・磁器) 
佐賀県西松浦郡有田町赤坂丙
およそ2万坪の敷地に二十数軒の焼物店が出店。品物は日用食器から贈答品、高級美術陶磁器などさまざま。全店で匠の蔵シリーズを販売。毎年11月上旬に茶碗供養のイベントを開催。
佐賀錦 
金、銀、漆を箔押しした和紙を縦糸に、絹の横糸を通して織りあげられます。
帯、ぞうり、ハンドバッグなどに使われ、日本手織りの極致と海外でも名高い評価を得ています。