地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、福岡の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

福岡の地域情報サイト「まいぷれ」

山笠ってなんが面白いと?【博多祇園山笠特集】

ついに山笠クライマックス! 「追い山笠」

いよいよ山笠最終日! 追い山笠を見よう!

7月15日は、博多祇園山笠が最高潮に盛り上がる「追い山笠」が行われます。

各山笠が櫛田神社に参集し櫛田入りした後、約5kmの距離を駆け抜ける山笠のクライマックスです。

午前4時59分、しらじらとした空の櫛田神社の山留めをスタートした山は、櫛田入りした後、東長寺・承天寺の精道を廻り、博多の街を駆け抜け須崎町の「廻り止め」を目指します。
                         (地図提供:はかた部ランド協議会)
                         (地図提供:はかた部ランド協議会)

緊張の瞬間「櫛田入り」

櫛田神社前には山留めの目印がある
櫛田神社前には山留めの目印がある
空がしらじらとする頃、山笠が威勢よく駆け抜ける
空がしらじらとする頃、山笠が威勢よく駆け抜ける
一番山笠が櫛田神社に入るのを皮切りに、8つの山が次々に入っていきます。これを「櫛田入り」と呼びます。

櫛田神社前には、山留めのしるしがあります。ここで山笠が待機しスタートの時間を今か今かと待ちわびます。場内アナウンスが残り時間を伝える中、会場は熱気に包まれ、残り1分が告げられると緊張感であたりは静まり返ります。

午前4時59分、太鼓の音と男衆の「オイサ」の掛け声とともに一番山笠の櫛田入りが始まります。櫛田入りの秒数も測り競うので、舁き手たちの表情も真剣そのもの!

開始時間が午前4時59分と中途半端なのは、最初に櫛田神社に入る「一番山笠」が代表し「博多祝い唄」を歌い奉納するからです。

歌い終えたら再び威勢よく走りだし、次々と山笠が明けかかった博多の街へに駆け出していきます。
10mを超える八番山笠「上川端通」
10mを超える八番山笠「上川端通」
七番山が櫛田入りを披露した後は、八番山笠「上川端通」が櫛田入りします。

「上川端通」は、高さ10メートルあり「走る飾り山」と呼ばれます。

現在の舁き山は約4.5mですが、昔は今の飾り山を舁いていましたのでゆうに10m以上ありました。
明治時代に入り、電線の設置や市内電車が出来、高さが制限されました。時代の変遷で現在の高さになりましたが、上川端商店街が昔の山を再現しようと「上川端通り」(走る飾り山)を奉納しておられます。
追い山笠のゴール「廻り止め」(写真提供:石村萬盛堂)
追い山笠のゴール「廻り止め」(写真提供:石村萬盛堂)
ゴールとなるのは須崎町の「廻り止め」です。

舁き手たちの最後の力を振り絞ったラストスパートも見ものです。

各流れのタイムは、廻り止め横の「石村萬盛堂」さん二階窓外に掲示されます。

上田さんの追い山笠見物おすすめスポット!

山笠発祥の地とされている承天寺では、山笠の起源である疫病退治に由来の施餓鬼棚(せがきだな)に、上方(ご住職)がのられ、山笠をお迎えされております。

追い山ならしと追い山笠の日、承天寺の前は「精道(せいどう)」が設置されます。

承天寺前の細い道でぐるっと回った山笠の男衆が施餓鬼棚にのられた住職に一礼し、勢い水をかけられる様子は、疫病を鎮めるために祈祷水をまいた山笠発祥の歴史そのものです。
承天寺前は清道とされている
承天寺前は清道とされている
山笠発祥の地としても知られ、寺の前には石碑も
山笠発祥の地としても知られ、寺の前には石碑も
名称 承天寺
住所 福岡市博多区博多駅前1-29-9
アクセス 福岡市営地下鉄空港線祇園駅4番出より徒歩5分
問い合わせ先 092-431-3570

1日から15日まで行われた博多祇園山笠。追い山笠を終え、各流れの山小屋に帰ってきた舁き山はすぐに取り壊されます。祭りを彩り、共に舁けてきた山笠を余韻もそこそこにご神体である山とき(山笠を解体する)様子は、博多っ子の山笠に対する心意気を表しているといわれます。

博多では、山笠が終わると梅雨が明け夏が来るといわれています。博多祇園山笠は博多の人に愛された夏を呼ぶ風物詩とも言えます。

次は、山笠みるならぜひとも知っておきたい山笠おすすめ土産をご紹介します。

2016/06/15